エチオピア産オパール」タグアーカイブ

エチオピア産オパールを販売する方へのお願い 。。。

エチオピアオパールを販売されている業者、宝飾店、作家、デザイナーの皆さま

本日はお願いがあります。

エチオピア産オパールを販売される際には、必ず“ お手入れ方法 ”をお客さまにしっかりとお伝えください。

 

福岡ミネラルショー、そして先日まで池袋で開催されていました東京ミネラルショーでオパール好きの皆さんとお話をする機会をたくさんいただきました。

そんな中、やはりエチオピアオパールを身に着けていらっしゃる方も多くいらっしゃいました。

お話の中で、お手入れ方法をご存じかどうかお尋ねするのですが、ほぼ7割の方は適切な方法をご存じないばかりか、そもそも“ エチオピアオパールには吸水する性質(ハイドロフェン)”がある事すらご存じないようでした。

「そんなこと聞いてない、、」

こんなつぶやきばかり、、、

 

とても美しい表情と、透明感のある遊色は私自身も含め、多くの方々を虜にします。

最近の実質内戦状態のエチオピアでの産出が今後どうなるかわかりませんが、それでも、他のオパールに比べてまだお安く手に入るオパール。

人気のないはずがありません。

ですが、(以前ほどではありませんが)週に1~2件のお問合せ、「色がかわっちゃたんだけど、どうにかして!」、そんな悲痛なお問合せをエンドユーザーの皆さんからだけでなく、販売する側の方々からもいただきます。

 

そこでお願いです。

別にエチオピアオパールが ”ダメ” と言っているわけではありません。

お願いですから、その独特の性質と、それに伴う正確なお手入れ方法を、どうか、どうか販売される際にはお伝えください。

 

そんなこと伝えたら販売チャンスを逃すんじゃ?

 

そんな風に考えている販売者の方もいらっしゃるかもしれません。

でも、販売後にクレームになり、ご自身の評判を落とすことの方が大きなリスクではありませんか?

 

難しいことでも、エチオピアオパール自体の評価を下げることでもありません。

単純に、

 

真珠と同じで、着けた後には軽くふいてしまってくださいね

 

そんなひと言を付け加えるだけで良いのです。

 

世の中にはいろいろな宝石と呼ばれるものがあります。

それを販売する側として、それぞれの性質を知る事、美しさだけでなく、マイナスと捉えられがちな点も正確にお客さま方に伝えること。

これは最低限のマナーではないでしょうか?

 

販売する皆さんの評価、宝石としてのオパール全体の評価、そしてひいては宝石・宝飾品業界全体の評価。

こうした評価を落とさないためにも、心の底から、販売をされる皆さんにお願いをします。

 

エチオピアオパールを販売する際には、是非ひと言をお忘れなく。

 

しまう前にふいてください

 

お願いいたします。

 

参考記事;

エチオピア産オパール(ハイドロフェン効果):https://www.gemstory.com/experiment-ethiopian-opal01.html

エチオピア産オパール(浸けてみました・実験):https://www.gemstory.com/experiment-ethiopian-opal02.html

エチオピア産オパール(特徴とお手入れ方法):https://www.gemstory.com/experiment-ethiopian-opal05.html

オーストラリア産ブラックオパールとして販売されている処理オパールについて:https://www.gemstory.com/weblog/2020/12/treated-black-opal-from-ethiopia.html

呼吸するオパール:https://www.gemstory.com/weblog/2020/07/opal-is-breathing.html

エチオピア産染色ブラックオパールについて:https://www.gemstory.com/weblog/2020/12/dyed-black-opal-from-ethiopia.html

エチオピアオパールの変色・退色を防ぐ方法:https://www.gemstory.com/weblog/2021/06/protecting-ethiopian-opal-from-turning-yellow.html

 

 

怒涛の季節も一段落。

手の回っていなかったWEBサイトの整理、そして新しいオパールのご紹介を、少しずつ進めて行きますね。

 

ミネラルショーでお目に掛かった皆さま

ありがとうございました。

ジュエリー製作のご依頼をいただいた皆さま

ご満足いただけるものをお届けできるよう、ゆっくりと確実に製作を進めてまいりますので、楽しみにしばらくお待ちください。

 

それでは、この時期ならではの素敵な日々をお過ごしください。

 

カラッとした冬晴れの埼玉です。

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

エチオピアオパールの変色・退色を防ぐ方法 。。。

水分を吸うという性質を持つエチオピア産オパール。

ハイドロフェン オパール 。。。

 

その性質ゆえに色が消えてしまったり変色してしまったりと、世界中で悲しい思いをしている人達がたくさんいらっしゃいます。

エチオピアの逆風 。。。

オパールにまつわる悲しいお話し 。。。

 

そんな思いをせずにエチオピアオパールを気軽に楽しむために出来ることはないか?

そう思っていた時に出会ったのが先日からご紹介しているジュエリー用コーティング剤 “ スウェットバリア・Sweat Barrier ” です。

前置きが長くなりましたが、スウェットバリアはエチオピアオパールの救世主となるのか?

実験してみました。

 

続きを読む «エチオピアオパールの変色・退色を防ぐ方法 。。。»

エチオピア産染色ブラックオパールについて。その4

昨年12月から、染色処理をされたエチオピア産の ” ブラックオパール ” について実験をしてきました。

あれから2か月。

もともと、上の写真のような表情だったこのオパールたちは、2か月間精製水に浸けられてどうなったのか?!

結果はこちら!

 

続きを読む «エチオピア産染色ブラックオパールについて。その4»

エチオピア産染色ブラックオパールについて 。 その3

精製水に浸けて20日間。

水はますます茶色くなっています。

 

オパールの尖った先端の方が色抜けしているのも、ハッキリわかります。

 

 

重さは、サンプルAが 1.62 ct、Bが 1.59 ct と、先回とほぼ変わりません。

 

水を取り出して瓶に入れてみると、

 

右が20日間オパールを浸けた後の精製水。

左側の瓶はもともとの精製水の色、もちろん透明。

 

その差は歴然!

 

水を入れ替えて、あと10日間浸けてみます。

 

オパールの端が透明になってる!

実験は続きます。

 

Andamooka産オパールの原石研磨標本が手に入りました。

出品準備中です。

お楽しみに!!

 

 

紅葉もオシマイ。

お帰りの前に、応援クリックお願いします。