オーストラリア」カテゴリーアーカイブ

Happyではない、New Year 。。。

2020年を迎え、日本はオリンピックの話題で持ちきりですが、オーストラリアでは依然山火事が終息を見ることができません。

上のマップはMyFireWatchが発表している情報です。

過去72時間で発生している山火事の状況です。

一時期に比べると、随分と真っ赤な地点は減ったように見えますが、それでも東海岸で大規模な火災が続いています。

40度を超える記録的な気温の中、たくさんの消防士たちはクリスマスも正月も休むことなく、消火活動にあたっています。

これまでの消失面積は約400万ヘクタールだそうで、これは関東1都6県の面積 1.2倍以上にも及びます。

10人以上の人命と2000棟に近い数の家屋が失われ、また、コアラを含めた野生生物も約5億匹が今回の山火事で命を落としてしまったとの報告もあります。

上の地図を見て、

「なんだ海岸線の一部だけじゃん」

と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、元来、オーストラリア内陸部は人間にとっても野生生物にとっても過酷な環境です。

人間をはじめ、多くの動植物の生活圏、生息圏が海岸線付近のエリアに集中しているのです。

今回の山火事も、いつかは鎮火するでしょう。

でも、受けたダメージが回復するまでには、はるかに長い時が必要です。

 

そして、

ミンタビ

 

以前お伝えした Mintabieのお話し

オーストラリア、サウスオーストラリア州の北部に位置する、オパール鉱山の町。

2018年にお伝えした後、住民たちが訴えを起こしたり州の決定を覆す試みを行ってきましたが、6カ月の猶予を得られたのみで、結局 Mintabieという町は、2019年12月31日をもって、行政単位としての存在を失いました。

オーストラリアの地図上から、町は消されてしまったのです。

オパール採掘に従事してきた人たちをはじめ、20人ほどの住人は立ち退きを求められています。

残念ながら、土地の持ち主である原住民 APY Lands側は、住民たちのこれ以降の居住を認めない意向のようです。

20名ほどとはいえ、高齢の方が多い住民たちは、この真夏の気候の中、これまで築いてきた全てを残し、住み慣れない土地へ引っ越すことを求められています。

 

こうした現在の状況を鑑みるに、独特の表情を楽しませてくれてきた「Mintabie Opal」は、マーケットから消えて行ってしまうと思われます。

 

ライトニングリッジ産とは違う、それでも濃い地色を帯びた美しい姿は「Mintabie Black」と呼ばれ、人々の眼を楽しませてくれてきました。

 

たいへん硬い砂岩の中にオパールが形成されることで、しっかりとした地色と美しい遊色を見せてくれます。

 

残念ながら、私の手元にはこの写真のものを含めた2点しか残っていません。

 

今後は、これまで以上に入手することが難しくなってくること確実です。

 

山火事、ブッシュファイヤーと消滅してしまった町に住んでいた人たち。

 

2020年の年明けは、決してHappyではありません。

 

 

年明け早々、良いニュースではありませんが、どうぞこうした場所や人、そして生物たちにも思いを寄せてあげてください。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

ブッシュファイヤー

報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが、オーストラリアでは「Bushfire」が大きな被害をもたらしています。

もはや “ 山火事 ” と呼べるレベルを超えています。

 

ニュースで報じられているシドニー近郊だけでなく、オーストラリア東海岸の広い地域で発生してます。

 

やはり被害の大きいのはシドニー近郊のものらしく、時には煙がシドニーの町中を真っ白に?!

 

自宅のあるゴールドコースト近郊でも毎年どこかで発生しているブッシュファーヤーですが、幸い今のところ被害の出るような規模のものは起こっていないようです。

 

国全体の最高気温も記録を更新し、猛暑とあわせて、オーストラリアの今年の夏はいつも通りとはいかないようです。

 

地震も噴火もない「ラッキーカントリー」と呼ばれるオーストラリア。

すべてがラッキーなわけではなさそうです。

 

日本は寒いね。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

ワラビーも去ることに 。。。

ラグビーのオーストラリア代表チーム、“ Walllabies ”。

敗れてしまいましたね。

過去3大会で一番早い敗退だとか。

日本の皆さんが想像するよりも、ラグビー人気の高いオーストラリア。

遠く離れたオーストラリアから、嘆きが聞こえてきそうです。

 

Wallabies、ワラビーズと名付けられた代表チーム。

カンガルーの小型種ワラビーにちなんだチーム名。

あんまり強そうな名前ではありませんが、サッカー代表の “ Socceroos(サッカーとカンガルーを合わせた造語)”同様、オーストラリアを象徴する動物。

そしてワラビーもカンガルーも後ろに進まない、前にしか進むことがない。

どこまでも前進する、突き進んでいく、そんな意味合いのこもったチーム名。

 

代表チームの世代交代の時期だとか、相手監督の Eddie Jones(元日本チームの監督)がイングランドチームに侍魂を埋め込んだ結果だとか、敗因分析が進んでいます。

 

日本との対戦なんてことも、どこか頭の片隅にあっただけに、オーストラリア敗退を予想以上に残念に思う自分にびっくり。

 

これで、いろいろとお騒がせなオーストラリア人サポーターたちも帰ることとなり、新宿の夜は少し静かになるかもしれません。

 

さぁ、今夜は日本の番です。

 

GANBARE、がんばれ!

 

日差しが気持ちよいですね。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

運の無いヤツら 。。。

オーストラリアから友人が遊びに来ています。

もちろん、オパール関係者。

アプリで少し若くなってますが、もう20年来の友人。

右の Paulは、どこまでもなるようになる精神の、典型的なオーストラリア人。

しかも、オパールの業界団体「Opal Association」の現会長!

 

今回の彼らの目的というと、それは、、、

 

富士登山!!

先回、オーストラリアへ戻った際、彼らにも会ってるうちに急に、

 

「富士山に登りたい!」

 

と言い出した Paul。

 

オパール探して穴にもぐるのは得意なふたり。

でも、富士山クラスの山のないオーストラリアでは、登山経験はほぼないと言っても良いくらい。

 

富士山閉山まで時間もなく、急遽航空券を手配し、ホテルを予約し、無事成田に到着したのが先週。

予定通り、9月8~9日で登るべく、少しずつ準備を進めたとこで、

 

ご存知、台風のお出まし。。。

 

イケイケどんどんの Paulはとりあえず行ってみようと言い張る一方、慎重派の Chris曰く、

 

「オレ行かないよ!」

 

相棒に見放され、何とか登山をあきらめた Paul。

運に見放された彼らを慰めるべく、連れて行ったのは赤羽。

回転ずしを堪能し、

大好きなビール、そしておつまみの各種を楽しんだ彼ら

夕方4時過ぎには上機嫌!!

 

オーストラリアでは体験できない日本酒ケースの椅子に、蒸し暑い中、通行する人たちを眺めながら、誰に遠慮することなく大声でしゃべる、喋る。

 

明後日には日本を離れる彼ら。

来年は、もう少し早めに計画しましょうね。

 

新しいオパールも届けてくれましたよ。

 

APAホテルが「エイ・ピー・エイ」ホテルだと思って新宿をさまよったのも、今回の思い出話のネタになったね。

 

See You Soon, Mate !

 

 

台風の被害が大きくなりませんように。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

オーストラリアでチップは必要?

「オーストラリアに旅行に行くんですけど、ホテルではチップ必要?」

聞かれることの多いご質問です。

 

「チップなんて、オーストラリアじゃ必要ないよ」

とか、

「田舎はともかく、シドニーやメルボルンみたいな都会のホテルでは、やっぱりチップ必要だよ」

とか、

人により意見は様々です。

 

先日、お客さまをライトニングリッジへご案内した時のこと。

初めてのオーストラリア、それもライトニングリッジ。

そんな不慣れな日本人のお客さまにご用意したのは、リッジでも一番きれいなモーテル。

海外旅行慣れしていない彼ら、

鉱山へ向けホテルを出かけるに際し、彼らとしては、枕元にチップを置くのは当たり前のことだったよう。

 

鉱山の雰囲気に触れ、

 

原石の買付も体験、

 

そんな一日を終え、戻ったモーテルの部屋は、、、

 

朝、出発した時のまま、、、、

枕元に置いた10ドル札も。

 

宿泊客の物には手を触れない、たとえキャッシュでも。

オーストラリアには珍しく、徹底されたモーテルだったよう。

 

ベッドを綺麗にして欲しくて置いたお金が、まったくの逆効果に。

 

チップなんか置かなかった、私の部屋はしっかりとベッドメイクされていました。

 

今回の経験もふまえて、

 

オーストラリアではチップは不要!

 

そう結論させていただきます。

 

 

さて、明日より“ 秋葉原ミネラルマルシェ ”です。

新しいオパールも含め、いろいろとご紹介します。

皆さんのご参加を、お待ちしております。

 

秋葉原ミネラルマルシェ(https://www.gemstory.com/mineral-show.html)

 

まだまだ蒸し暑いですね。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。