投稿者「gemstory」のアーカイブ

今年も宜しくお願いいたします。

新年、明けましておめでとうございます。

遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで、1月5日には、弊社株式会社ジェムストーリーも7周年となりました。

オーストラリアから日本へ拠点を移して7年。

多くの皆さんのご支援ご協力いただき、8年目を迎え、今後とも「Make You Happy !」という理念を忘れずに活動をしてまいりますので、変わらないご贔屓をお願いいたします。

 

さっそくですが、本日オパールルースを6点、リングを1点出品しました。

2022年最初の新顔オパールたちを、かきリンクよりご覧ください。

https://bit.ly/opal-20220111

 

今週13日より、今年最初のショー、“ ミネラルマルシェ東京 ” に出展します。

磨きあがって来たばかりの新作ルースやジュエリーを、楽しみにしておいてください。

https://www.gemstory.com/j-marche.html

 

—————————————————

年末年始はオーストラリアへ戻るために、仕事のお誘いをお断りしておりました。

「12月末になれば帰れるんじゃないか」

そんな期待をしつつ、2年ぶりのオーストラリアを楽しみにしていました。

ですが、ご存じの通り再拡大の影響でそれもかなわず、日本での年越しとなりました。

オーストラリア、日本両国のみならず、世界各地に先の見えない状況が続いていますが、今年こそは日常が戻る事、オーストラリアと行き来のできるようになることを願って、イヤイヤ、確信しています。

それまでは、対策を十分にしつつ、毎日を楽しんで過ごして行きましょうね。

 

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

 

2021年のトップ5 。。。

今年も沢山の皆さんにご訪問いただきまして、本当にありがとうございました。

今日は2021年に訪問数の多かった記事、トップ5をご紹介します。

それでは第5位から発表します!

 

第5位:

つい先日の投稿にもかかわらず、年間第5位の訪問者数を記録したのは、

エチオピア産オパールを販売する方へのお願い

販売する側の方々にも読んでいただき、多くの賛同の声もいただいたこの記事。

サイト全体の訪問者数にも反映され、アクセスが前日の7倍に急増しました。

エチオピアオパールの取り扱い、お手入れ法については、来年も引き続きお話していこうと思います。

 

第4位:

昨年、コロナ過の始まった頃に書いた記事

消毒用アルコールと宝石

すっかり日常となったアルコール消毒とマスク。

「今、消毒するから、リングする機会が減ってね~」

そんな声をたくさん耳にした一年でした。

 

第3位:

ブラックオパール、偽物、見分け方

インドア生活が増え、ネットで買物される機会も増えた昨今、皆さん気になるのはやっぱり “ ニセモノ ” なのでしょう。

“ 見分け方 ” は強力なキーワードなのでしょうね。

 

第2位:

オパールにまつわる悲しいお話し ” 

こちらもエチオピア産オパールについての記事。

色や表情の変わってしまったオパールたちの、それはそれは悲しいお話です。

 

そして、今年一番読んでいただいたブログナンバー1は!

 

第1位:

ブラックオパールとボルダーオパールの違い ” 

2013年9月にご紹介した記事ですが、毎年訪問者数の多い記事です。

当時に比べボルダーオパールの知名度は高くなりましたが、それでもこの記事がオパールファンを増やすキッカケになっていれば、サイトを作った甲斐があったというものです。

 

こうしてみると、今年はやはりオパールの変色問題、エチオピア産オパールの話題が上位でしたね。

これからもエチオピア産オパールの正しい知識が浸透するよう、そしてオパール全体が誤解されないよう、

「お持ちのオパール、どこ産です?」

しつこくお聞きしていきます。

 

 

素敵なクリスマスをお過ごしですか?

オーストラリアでは今日26日はボクシングデイ(Boxing Day)の祭日です。

パンチし合うボクシングとは関係なく、プレゼントを箱から出すから箱 – ボックス・デイ、ボクシングデイというのだとか。

 

真夏のクリスマス。

来年はオーストラリアへ戻れることを期待して、

2021年最後のブログ

年間トップ5をご紹介しました。

 

Merry Christmas & Happy New Year !!

 

 

来年は今年以上にたくさんのオパールに出会えますように!

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

エチオピア産オパールを販売する方へのお願い 。。。

エチオピアオパールを販売されている業者、宝飾店、作家、デザイナーの皆さま

本日はお願いがあります。

エチオピア産オパールを販売される際には、必ず“ お手入れ方法 ”をお客さまにしっかりとお伝えください。

 

福岡ミネラルショー、そして先日まで池袋で開催されていました東京ミネラルショーでオパール好きの皆さんとお話をする機会をたくさんいただきました。

そんな中、やはりエチオピアオパールを身に着けていらっしゃる方も多くいらっしゃいました。

お話の中で、お手入れ方法をご存じかどうかお尋ねするのですが、ほぼ7割の方は適切な方法をご存じないばかりか、そもそも“ エチオピアオパールには吸水する性質(ハイドロフェン)”がある事すらご存じないようでした。

「そんなこと聞いてない、、」

こんなつぶやきばかり、、、

 

とても美しい表情と、透明感のある遊色は私自身も含め、多くの方々を虜にします。

最近の実質内戦状態のエチオピアでの産出が今後どうなるかわかりませんが、それでも、他のオパールに比べてまだお安く手に入るオパール。

人気のないはずがありません。

ですが、(以前ほどではありませんが)週に1~2件のお問合せ、「色がかわっちゃたんだけど、どうにかして!」、そんな悲痛なお問合せをエンドユーザーの皆さんからだけでなく、販売する側の方々からもいただきます。

 

そこでお願いです。

別にエチオピアオパールが ”ダメ” と言っているわけではありません。

お願いですから、その独特の性質と、それに伴う正確なお手入れ方法を、どうか、どうか販売される際にはお伝えください。

 

そんなこと伝えたら販売チャンスを逃すんじゃ?

 

そんな風に考えている販売者の方もいらっしゃるかもしれません。

でも、販売後にクレームになり、ご自身の評判を落とすことの方が大きなリスクではありませんか?

 

難しいことでも、エチオピアオパール自体の評価を下げることでもありません。

単純に、

 

真珠と同じで、着けた後には軽くふいてしまってくださいね

 

そんなひと言を付け加えるだけで良いのです。

 

世の中にはいろいろな宝石と呼ばれるものがあります。

それを販売する側として、それぞれの性質を知る事、美しさだけでなく、マイナスと捉えられがちな点も正確にお客さま方に伝えること。

これは最低限のマナーではないでしょうか?

 

販売する皆さんの評価、宝石としてのオパール全体の評価、そしてひいては宝石・宝飾品業界全体の評価。

こうした評価を落とさないためにも、心の底から、販売をされる皆さんにお願いをします。

 

エチオピアオパールを販売する際には、是非ひと言をお忘れなく。

 

しまう前にふいてください

 

お願いいたします。

 

参考記事;

エチオピア産オパール(ハイドロフェン効果):https://www.gemstory.com/experiment-ethiopian-opal01.html

エチオピア産オパール(浸けてみました・実験):https://www.gemstory.com/experiment-ethiopian-opal02.html

エチオピア産オパール(特徴とお手入れ方法):https://www.gemstory.com/experiment-ethiopian-opal05.html

オーストラリア産ブラックオパールとして販売されている処理オパールについて:https://www.gemstory.com/weblog/2020/12/treated-black-opal-from-ethiopia.html

呼吸するオパール:https://www.gemstory.com/weblog/2020/07/opal-is-breathing.html

エチオピア産染色ブラックオパールについて:https://www.gemstory.com/weblog/2020/12/dyed-black-opal-from-ethiopia.html

エチオピアオパールの変色・退色を防ぐ方法:https://www.gemstory.com/weblog/2021/06/protecting-ethiopian-opal-from-turning-yellow.html

 

 

怒涛の季節も一段落。

手の回っていなかったWEBサイトの整理、そして新しいオパールのご紹介を、少しずつ進めて行きますね。

 

ミネラルショーでお目に掛かった皆さま

ありがとうございました。

ジュエリー製作のご依頼をいただいた皆さま

ご満足いただけるものをお届けできるよう、ゆっくりと確実に製作を進めてまいりますので、楽しみにしばらくお待ちください。

 

それでは、この時期ならではの素敵な日々をお過ごしください。

 

カラッとした冬晴れの埼玉です。

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

オパールの夢を見た 、、、

ご無沙汰しております。

毎年のことですが、年末に向かい怒涛のような毎日を送っております。

それも今週末の東京ミネラルショーで一区切りつくはずです。

オパール、オパール、オパール

オパールに囲まれる毎日

夢にまでも出てきます。

オパール好きですよ、もちろん。

オパールに囲まれた人生、幸せを感じます。

でも、たまには、

オパールの無い環境に戻りたい!

 

今日は、取り急ぎ生存報告でした。。。

 

公益財団法人九州先端科学技術研究所

夢に出てきたのは、こんな世界 、、、

 

すっかり冬ですね。

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

 

ワクチン接種を強制すること 。。。

”2021年12月17日以降、あるいはワクチン接種者の割合が80%を超えた時点で、これまで施行してきた様々な規制を解除する”

自宅のあるオーストラリア、クイーンズランド州は、新型コロナワクチンの接種についてこのように発表をしました。

これまでイベントや飲食店をはじめ、様々なところで設けられていた人数制限を解除し、コロナ以前の状態に戻すということ。

そして、他州や他国からの入州者への制限や隔離を緩和するということです。

これは日本でも同様な解除されてきましたので、クイーンズランド州に住むオーストラリア国民や居住者にとりうれしいニュースのはずです。

ただ、この発表に付随した新たな規制策が物議をかもしています。

それは、

ワクチン未接種者に対して、行動制限を課す

というものです。

ワクチンを接種終了していない人は、これまで人数制限の課せられていた施設やイベントに入場することができないだけでなく、そこで働くこともできない。

病院や介護施設、レストランやカフェ、パブ、ホテル、そして映画やコンサートなどの各種イベントで働くためには、ワクチンを打たなければならないことになります。

飲食店やホテルなどの多いゴールドコーストでは、そこで働く多くの人たちに「仕事を続けるのであればワクチン打て」と言っているのと同じことです。

ワクチン接種反対でもありませんし、私自身もすでに2回の接種を終えていますが、今回のクイーンズランド州政府の方針には疑問しかありません。

私の周囲にもワクチンを打たない選択をしている人もいます。

ネット上で騒がれている一種の “ 陰謀説 ” を信じているわけではありませんが、接種するかしないかは、それぞれ個人の判断で決めればよい、決めるべきだと思います。

強制される、無理強いされるのが大きらいなオーストラリア人。

素直な国民の多い日本でさえ、同じような制限の実行は大きな騒ぎとなるはず。

もちろんオーストラリアでもデモなどの抗議行動が行われているようです。

昨日までのクイーンズランド州の接種率は 68.8%(日本は74.5%)。

今回の発表で、打つつもりのなかった人たちが、仕事を失わないために仕方なく、接種することになるでしょうから、12月17日よりも制限開始が前倒しになるかもしれません。

もし、自分がオーストラリアで対象の仕事に就いていたとしたら、” 一日でも早く打たなければ ” と焦ることになるのは想像に難いことではありません。

ワクチンを接種させることで、感染者が増えた時に医療体制を守る。

政府はそう訴えています。

個人の自由を大切にするのか?

それとも社会を守るために個を抑えるのか?

一日でも早く州境、国境を開きたい、開いてほしいのは山々です。

でも、今回のワクチン(ほぼ)強制化については、首をひねらざるを得ません。

 

オーストラリアらしくない?

オーストラリアらしい?

 

皆さん、どう思われますか?

 

お帰りの前に、応援クリックお願いします。