カラフルな季節 。。。

ポカポカ陽気になって、外が楽しくなってきましたね。

 

ビーチで飲むコレが最高の季節!

 

オーストラリアからこんな写真も送られてきました。

自宅のマンゴー。

これがメチャメチャうまいんです。

またホームシック、、、

 

気を取り直して新しいオパールの出品準備中です。

 

素敵な週末をお過ごしください!

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

 

 

楽しみは遅れてやってくる 。。。

ミネラルザワールド横浜も終了し、3月もおしまい。

明日から新しい生活になる方もいらっしゃるでしょう。

環境の変化は、不安もあるでしょうがワクワク感も連れてきてくれますよね。

はるかオーストラリアの鉱山からは、そろそろ採掘シーズン終了の連絡が聞こえてくるころ。

採掘された原石は、半年から一年ののち、私の手元に届きます。

焦りは禁物!

 

桜は満開

春はやってきてます。

 

年度替わりの3月。

少し遅れてやって来た私のブームは、

 

原作もドラマも一気に拝見しました。

世間が“半沢直樹!、”半沢直樹!!”と騒いでいるときには見ないふり。

そんな性格は昔からです。

 

さてさて、来月4月も出品準備、そしてあたらしい実験と、ガンバります!!

 

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

エチオピア産染色ブラックオパール、結果 。。。

昨年12月、染色処理されたエチオピア産オパールについての実験をご紹介しました。

 

エチオピア産染色ブラックオパール

オーストラリア産ブラックオパールとして販売されている処理オパールについて

 

2月10日にいったん実験を終了し、その後昨日まで室内で自然乾燥させていました。

 

その結果です。

 

実験前が上の写真です。

そして、昨日の写真がこちら。

 

 

ひと月以上水分から遠ざけた結果の重さは、

サンプルA 1.475ct(実験開始前)→ 1.45ct(今回)

サンプルB 1.39ct(実験開始前)→ 1.36ct(今回)

 

最終的に重さに大きな変化はありませんでしたが、見た目は実験前には戻りませんでしたね。

 

どちらも遊色が薄くなり、上の写真右側のサンプルBは全体の地色も元には戻りませんでした。

 

ネットやミネラルショーなどで販売されているエチオピア産ブラックオパールの多くは染色処理が施されていると考えてよいと思います。

そして水分に着けることで簡単に色が抜けてしまうということは、吸水する性質ハイドロフェンゆえだろうと考えられます。

 

いったん変わってしまった表情は、元には戻りません。

エチオピア産ブラックオパール

 

お持ちの方は、ご注意ください。

 

これで今回の実験は終了です。

お付き合いありがとうございました。

 

お帰りの前に、応援クリックお願いします。

 

 

南半球から春がやって来た 。。。

明るい春色がやってきました。

カラフルなボルダーオパールたちです。

 

昨年3月から続いている状況の中、オーストラリアの自宅へも、そして鉱山へも戻れていません。

日本に持込んでいた原石を少しずつ磨いたり、キズが付いてしまったものを再研磨したりと、細々ながら新しいオパールを皆さんにご紹介してくることができました。

そして、それに加えて酷暑の鉱山で採掘作業をしてくれている仲間の鉱夫。

そんな鉱夫のひとりから待ちに待った荷物が!

 

昨シーズンに採掘された原石を、暑過ぎて採掘できない夏の間に研磨した初荷です。

もう一度写真見てください。

 

こんなカラフルなものを含めて、数十ピースのルースと原石。

来週のミネラル・ザ・ワールドでお披露目できるかな?

 

ウォーキングコースの菜の花も、もうすぐ満開。

 

桜もね。

今年も無事にこの時期を迎えることができました。

ありがとうございます。

 

お帰りの前に、応援クリックお願いします。