Opaltonより 。。。

opalton

 

サファイアが採れる“Sapphire”という町

ルビーが採れた“Rubyvale”という町

そしてオパールの“Opalton”。

1890年ごろからオパール採掘がはじまり、ピーク時は600人を超える人間が試掘に従事する、クイーンズランド有数のオパール採掘地でした。

他の鉱区と同じように、採掘量の減少と共に人々もいなくなり、現在ではわずか人口30人弱のアウトバックの町(というよりは集落?)。

高品質のオパールが採れたことから“Opalton”なんて、オパール界いちばんの名前を与えらえた場所です。

 

20151222b

そんな何もない赤い荒野では、現在でも細々と採掘をしている人たちもいます。

友人のR (彼は一切身分を、ファーストネームだけすらも、公開することを好みません)もそんな孤高な鉱夫のひとり。

 

スーパーもレストランも、ガソリンスタンドも、そして舗装された道もない、あるのは青い空と強烈な陽射し、そして赤い大地だけの中、こつこつと採掘を続けています。

 

かつてはオパールの神さまを味方にもした彼、そんな夢をもう一度と日々体を酷使し、色を、カラーバーを求めて。。。

残念ながらここ数年、神さまとは疎遠になってしまったようですが、それでも見放されてしまったわけではないようです。

 

20151222

こんな個性的で美しいマトリックスタイプのボルダーオパール

彼の汗の結果です。

 

母岩の中に閉じ込められた虹、

奥から湧き上がってくる色

 

ついその歴史に思考を囚われてしまうような、不思議な魅力を持ったこんなオパール。

Rから私の手に渡り、こうして今、皆さんにご紹介します。

 

数百万年の歴史と、その後の悠久の時間

紫外線降り注ぐ下、Rが眼にした時の表情そのままに

是非、ご覧ください。

 

Opalton産ボルダーオパール

 

ちなみにOpaltonですが、普通に日本語的に考えると“オパールトン”ですが、実際はオーストラリア訛も入って“オーポルトン”と発音されています。

 

 

 

クリスマスまであと3日、そしてお正月までは、、、迫ってきましたね。


お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。


関連する記事

  • ボルダーオパール鉱山、其の2 。。。
    ボルダーオパール鉱山、其の2 。。。 
    ゴールドコーストから北西へ1,500キロ超、Winton (ウイントン)という町があります。 冬場の涼しい時期にはやってくる観光客も、10月から3月までの夏の...
  • Rediscover Opals In Australia 入荷しました 。。。
    Rediscover Opals In Australia 入荷しました 。。。 
      お待たせしました。 ご要望の多かった、「 Rediscover Opals In Australia 」が入荷しました!   オパール...
  • オパール鉱山より、、、
    オパール鉱山より、、、 
    800キロのドライブ久しぶりのライトニングリッジへそれにしても、、、、暑い。。。強烈な日差しと猛烈な暑さ、どこにでも入り込んでくるパウダー土砂(?)そしてこの時...
  • ふくらはぎと夏空とパイプと 。。。
    ふくらはぎと夏空とパイプと 。。。 
    カラ梅雨があけたと思ったら、なんだかとたんに雨降ったりして。 自然はワガママです。   今日も外ではセミが鳴き盛っていますが、埼玉の空はドンヨリ。。...
  • 色の洪水や~!
    色の洪水や~! 
    豊富な色あい、色調、そして表情。 こんな宝石、他にありますか? そうは言っても、なかなかこんな色には出会えないのが現在のオパール採掘の現状。 ブラックにしろボル...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください