お道具。。。

ルーペ

宝石屋に欠かせない道具がこの“ルーペ”。
とても安価なものから、とびっきりの高額品まで、その質によってお値段も様々です。宝石好きの皆さんであれば、持っていらっしゃる方も少なくないはずです。

でも、使い方、間違えてませんか?

宝石を手に取ったと思ったら、いきなりルーペを取り出し、熱心に覗き込んでいる方。
そんな人を見ると、
「宝石わかってないな。」
「まったく、これだから、、、。」
「ふんッ」
そっぽ向きたくなっちゃいます。
人それぞれの宝石の楽しみ方はありますが、それにしても、、、、ねえ。
ルーペは宝石の欠点を探すための道具。
美しさを見る、長所を引き出すための道具ではありません。
まずはご自分の目で、肉眼で、その宝石全体の美しさを見るのが正解。
充分にその個性を堪能した後、ここでルーペの出番です。
ルーペを使うことで、内包物を見ることができます。隠れた傷を見つけることができます。
内包物の特徴で、その宝石の素性がわかります。
隠れた傷を見つけることで、その宝石の将来が見えます。
特にブラックオパールやボルダーオパールの表情は、ルーペではわかりません。
遠目に見ることで、その素晴らしさを、表情の豊かさを、見出すことができるものです。
あたかも美術館で絵画を鑑賞するように、オパールを持った手を精一杯目の前に伸ばして見てください。
これまで見えてこなかった景色が浮かんでくるはずです。

見えてきましたか?

今日も空が高い、快晴のゴールドコーストです。

お帰りの前に、
クリック一押しお願いします。



関連する記事

  • どうぞ、目を近づけて。。。。
    どうぞ、目を近づけて。。。。 
    私に宝石のイロハを教えてくれた師匠が、よくこう言っていました。 『宝石はルーペで見るものではない!』 この師匠の口癖の意味がわかるようになったのは、それからずい...
  • 見て楽しい宝石の本 。。。
    見て楽しい宝石の本 。。。 
     宝島社より「美しさと価値がわかる 見て楽しい宝石の本」が刊行されました! 裏表紙にはうちの娘が、、、(すでに嫁入りしちゃいましたが)&nb...
  • 国の宝石。
    国の宝石。 
    オパールは国の宝石に指定されています。 1993年、オパールが正式にオーストラリアの国の宝石として指定されました。 オーストラリアには全部で6種類の“Natio...
  • 災い転じて福となす 。。。
    災い転じて福となす 。。。 
    本来はマイナス要素であることが、ちょっとした偶然でプラスに転じる。 そんなことありますよね。 今日ご紹介するのも、そんな偶然が働いたオパールです。 宝石のマイナ...
  • 明るい、んです 。。。
    明るい、んです 。。。 
    とにかく明るいんです。 光が眼に飛び込んでくる! そんな表現がピッタリくるような 色調だけでなく、まるで中に光源があるように輝く遊色が、とてもサイズでは大きいと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください