国の宝石。

National Gemstone

オパールは国の宝石に指定されています。


1993年、オパールが正式にオーストラリアの国の宝石として指定されました。
オーストラリアには全部で6種類の“National Symbol(国のシンボル)”があり、その中のひとつがオパールです。
オーストラリアはオパールのみでなく、ダイヤモンドやサファイア等、いろいろな宝石が産出され、また、皆さんもよくご存知の南洋真珠も多く養殖されています。
これら宝石の中でオパールがシンボルとして選ばれたのは、やはり世界中で産出されるオパールの90%以上のシェアをオーストラリアが持っているからでしょう。
ちなみに日本の“国の宝石”ってなんだかご存知ですか?
この質問をすると、たいていの方が『真珠!!』、と元気良く答えてくださるのですが、残念!
正解は『水晶』です。
意外に思われるかもしれませんが、『真珠』はフランスの国の宝石に指定されているのです。
そんな国の宝石に指定されているオパールですが、不思議なことにオーストラリアの人たちの間ではあまりメジャーではありません。
あまりに身近にあるからでしょうか?
その辺の理由はなぞです。
たった一つだけ、女子バスケットボールのナショナルチーム名が『Opals(オパールズ)』。
日頃、オーストラリアの人たちがオパールの名を口にするのは、このチームの話をする時だけかもしれません。

今日は少し風が強く、肌寒いゴールドコーストです。

ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。


関連する記事

  • 見て楽しい宝石の本 。。。
    見て楽しい宝石の本 。。。 
     宝島社より「美しさと価値がわかる 見て楽しい宝石の本」が刊行されました! 裏表紙にはうちの娘が、、、(すでに嫁入りしちゃいましたが)&nb...
  • 配送料金値下げのお知らせ 。。。
    配送料金値下げのお知らせ 。。。 
    本日より配送料金を下記のとおり改定させていただきます。 1,800円 (旧料金)↓1,500円 (新料金) 今週より、オーストラリア郵便の料金改定がありました...
  • 夜の宝石。。。。
    夜の宝石。。。。 
    オパールは“夜の宝石”と呼ばれることがあります。 いつ頃、どなたがそう呼び始めたのかは定かではありませんが、よくそういうフレーズを耳にした頃がありました。 “夜...
  • お道具。。。
    お道具。。。 
    宝石屋に欠かせない道具がこの“ルーペ”。とても安価なものから、とびっきりの高額品まで、その質によってお値段も様々です。宝石好きの皆さんであれば、持っていらっしゃ...
  • 貴重な資源。。。
    貴重な資源。。。 
    ゴールドコーストにいらした方であれば目にしたであろうこの風景。 もう見ることもできなくなるのか?! 美しいビーチとならんで、ゴールドコーストの名所、大切な観光資...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください