気候」タグアーカイブ

Happyではない、New Year 。。。

2020年を迎え、日本はオリンピックの話題で持ちきりですが、オーストラリアでは依然山火事が終息を見ることができません。

上のマップはMyFireWatchが発表している情報です。

過去72時間で発生している山火事の状況です。

一時期に比べると、随分と真っ赤な地点は減ったように見えますが、それでも東海岸で大規模な火災が続いています。

40度を超える記録的な気温の中、たくさんの消防士たちはクリスマスも正月も休むことなく、消火活動にあたっています。

これまでの消失面積は約400万ヘクタールだそうで、これは関東1都6県の面積 1.2倍以上にも及びます。

10人以上の人命と2000棟に近い数の家屋が失われ、また、コアラを含めた野生生物も約5億匹が今回の山火事で命を落としてしまったとの報告もあります。

上の地図を見て、

「なんだ海岸線の一部だけじゃん」

と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、元来、オーストラリア内陸部は人間にとっても野生生物にとっても過酷な環境です。

人間をはじめ、多くの動植物の生活圏、生息圏が海岸線付近のエリアに集中しているのです。

今回の山火事も、いつかは鎮火するでしょう。

でも、受けたダメージが回復するまでには、はるかに長い時が必要です。

 

そして、

ミンタビ

 

以前お伝えした Mintabieのお話し

オーストラリア、サウスオーストラリア州の北部に位置する、オパール鉱山の町。

2018年にお伝えした後、住民たちが訴えを起こしたり州の決定を覆す試みを行ってきましたが、6カ月の猶予を得られたのみで、結局 Mintabieという町は、2019年12月31日をもって、行政単位としての存在を失いました。

オーストラリアの地図上から、町は消されてしまったのです。

オパール採掘に従事してきた人たちをはじめ、20人ほどの住人は立ち退きを求められています。

残念ながら、土地の持ち主である原住民 APY Lands側は、住民たちのこれ以降の居住を認めない意向のようです。

20名ほどとはいえ、高齢の方が多い住民たちは、この真夏の気候の中、これまで築いてきた全てを残し、住み慣れない土地へ引っ越すことを求められています。

 

こうした現在の状況を鑑みるに、独特の表情を楽しませてくれてきた「Mintabie Opal」は、マーケットから消えて行ってしまうと思われます。

 

ライトニングリッジ産とは違う、それでも濃い地色を帯びた美しい姿は「Mintabie Black」と呼ばれ、人々の眼を楽しませてくれてきました。

 

たいへん硬い砂岩の中にオパールが形成されることで、しっかりとした地色と美しい遊色を見せてくれます。

 

残念ながら、私の手元にはこの写真のものを含めた2点しか残っていません。

 

今後は、これまで以上に入手することが難しくなってくること確実です。

 

山火事、ブッシュファイヤーと消滅してしまった町に住んでいた人たち。

 

2020年の年明けは、決してHappyではありません。

 

 

年明け早々、良いニュースではありませんが、どうぞこうした場所や人、そして生物たちにも思いを寄せてあげてください。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

ブッシュファイヤー

報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが、オーストラリアでは「Bushfire」が大きな被害をもたらしています。

もはや “ 山火事 ” と呼べるレベルを超えています。

 

ニュースで報じられているシドニー近郊だけでなく、オーストラリア東海岸の広い地域で発生してます。

 

やはり被害の大きいのはシドニー近郊のものらしく、時には煙がシドニーの町中を真っ白に?!

 

自宅のあるゴールドコースト近郊でも毎年どこかで発生しているブッシュファーヤーですが、幸い今のところ被害の出るような規模のものは起こっていないようです。

 

国全体の最高気温も記録を更新し、猛暑とあわせて、オーストラリアの今年の夏はいつも通りとはいかないようです。

 

地震も噴火もない「ラッキーカントリー」と呼ばれるオーストラリア。

すべてがラッキーなわけではなさそうです。

 

日本は寒いね。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

摂氏45度 。。。

先日のミネラルショーで、

「夏でも涼しいんでしょ、穴の中は」

そんな風に仰る方がたくさんいらっしゃいました。

 

「10月から4月くらいまでは、暑すぎて採掘できないんですよ」

そうお話をした時の、皆さんからの反応です。

最近、テレビで放映された、オーストラリアのオパール鉱山の映像をご覧になった方が多いのかもしれません。

 

実際、鉱山の中はちょうど良い具合に冷えてます。

そんな穴の底で作業をする分には、夏だろうと冬だろうと、たいへん快適な作業環境です。

 

機械の騒音と埃っぽいのを我慢すれば、外が50度だろうと関係ありません。

でも、問題はこの採掘に不可欠な機械です。

このDigger(ディガー)と呼ぶ機械を動かすには電気が必要です。

もちろん、壁面にコンセントが有るわけもなく、電気は

 

地上に設置したジェネレーターを動かすことで確保しています。

 

ここは穴の中と違って、紫外線ギラギラの45度以上の世界!

 

軽油で動くエンジンを回し、発電した電気で地下の機械を動かし、照明を点灯しています。

 

このジェネレーターが45度の暑さでオーバーヒートしちゃうんです。

その為に、暑さの厳しい時期には採掘を休まざるを得ない、ということになります。

 

細々と昔ながらに人力で採掘を続けている鉱夫たちもいますが、ほとんどの鉱夫たちは、この時期鉱山を離れ、休暇を取ったり、採掘したオパールの研磨をしたりして過ごしています。

 

機械が耐えられない猛烈な環境!

 

そんなわけで、やっぱり人間は自然には逆らえない

再認識させられるお話しでした。

 

カラフルなボルダーオパールが手元に届きました。

スノーボードをしに北海道にやって来たオーストラリアの友人が持ってきてくれました。

なかなか艶っぽい美人ぞろいです。

近日公開予定です。

お楽しみに!

 

梅が満開の川口です。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

灼熱の太陽 。。。

 

いつもと変わらない9時間を何とか耐え、オーストラリアへ戻りました。

しばらくぶりのゴールドコースト

それも真夏、真最中!

強烈な日差しと紫外線

冬の日本から、それも埼玉から突然放り込まれた別世界

色が色であり、明暗が明暗である、広大な空の広がる別世界

 

溜りにたまっていたペーパーワークを一日かけて片づけ、暑くて採掘のできない鉱山から戻っていた友人の鉱夫に会いに行ったついでに、ショッピングセンターへ。

 

 

山と積まれたフルーツ

段ボール再利用のお値段表

 

真っ白から真っ黒まで、さまざまな肌の色、そしてさまざまな言葉の行きかう街

まさにオーストラリアです。

 

ずっと食べたかったソーセージ買って、明日はさっそくBBQ

 

週明けにはライトニングリッジに残って採掘を続けている数少ない友人に会いに、とりあえず出発します。

45度を超えてるとのこと !

 

気合入れて行かないと、やられちゃいそうです。

飲み水やその他もろもろの準備をして、いざ行ってきます!

 

オパールカントリーへ!!

 

良い報告を楽しみに、祈っていてください!!!

 

 

2006年の2月にオパール始めたこのブログも、今年で11年になりました。

日本とは真逆の真っ青な夏空広がるオーストラリアです。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

大好きな季節 。。。

紅葉

こんな風景ももうすぐ

緑から黄色、それが金色や赤へ

自然の美しさ

 

オーストラリア、それもオパール鉱山の周囲では絶対に見ることのない景色です。

 

オーストラリア

空の青さは一緒でも、まず木がナイ、、、

 

でも、

 

ブラックオパール

 

ブラックオパール

 

こんな色が隠れています。

これもまた自然の美しさです。

 

 

20161005

 

今から15年前に撮影した写真です。

秋の雰囲気を出すために、ユーカリの枯葉にオパール乗せて、、、

 

今年も紅葉見に行けるかな?

 

日本の秋、楽しみましょう。

 

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。