世紀のスペルミス !!!

オーストラリア通貨

オーストラリア、やっちまったようです。

、、、、、、、、

 


日本も20年ぶりに紙幣のデザインを変更すると発表されましたが、オーストラリアでも、昨年の10月に新しい紙幣が発行されました。

オーストラリアの紙幣は、デザイン的にも、紙以外の素材で作られているところなど、世界でも最新技術を駆使して作られていると、オージー自慢の紙幣です。

確かに、その技術力から、自国だけでなく、他の国々の紙幣の生産を依頼されるなど、その評判は決して自己満足のレベルではなさそうです。

 

でも、

 

先週の木曜日、ひとりの視聴者から、人気のラジオ番組に寄せられた一報がはじまり。

 

「50ドル紙幣にスペルのミスがあるよ」

 

!!

 

なんと、スペルミス、単語の間違いがあると!!!

 

50ドル紙幣

オーストラリアの50ドル紙幣は、Edith Cowanという、女性として初めて国会議員になった方の肖像がデザインされています。

肖像だけでなく、上の写真の赤丸で囲んだ周辺には、国会で行った、彼女の最初の演説が、ごく小さな文字で印刷されています。

さっそく、この新しい50ドル札を引っ張り出して、確認をしてみると、

 

50ドル紙幣

細かい文字が

 

もっと拡大してみると、

 

スペルミス

赤線の2か所、

RESPONSIBILTY

 

あちゃ~

 

まさに痛恨のスペルミス

 

RESPONSIBILITY

が正解。

 

RESPONSIBILTY

RESPONSIBILITY

 

“ I ” が抜けてしまっています。

 

せっかくの技術も、人間の単純なミスは防げなかったようです。

 

しかし、こんなのよく見つけたな。

そこまで紙幣をシゲシゲと見る習慣なんて無い私には、そっちの方が驚き!

 

そして、ミスを見逃してしまった造幣局の担当者

どんな思いで、このニュースを耳にしたことでしょう?

何らかの処分が、彼、彼女たちに課せられるのでしょうか?

 

発行元のオーストラリア中央銀行は、このスペルミスを認め、すでに流通している46百万枚は回収せず、次回の発行から修正するとしています。

 

印刷ミスや何らかのエラーがある硬貨や紙幣が、高値で取引されることは、よく耳にすることですが、すでにこれだけの枚数が出回ってしまった50ドル紙幣では、きっとそんなコレクターも振り向かないでしょう。

 

ミスは思わぬところに潜んでいる。

 

他人事ながら、自戒させられるおはなし。

 

でも、どこかオーストラリアらしくて、、、

笑っちゃいます。

 

Huge typo spotted on new $50 note

 

 

ボルダーオパール

ボルダーオパールの原石が届きました。

現在、仕分け中。

研磨してルースにするもの。

宝飾メーカーさんに卸すもの。

そして、研磨好きの皆さんにご紹介するもの。

 

ここでミスはできません!

 

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

関連する記事

  • オーストラリアはまだ夏でした 。。。
    オーストラリアはまだ夏でした 。。。 
    まだ肌寒い日本を出発し、 成田では、霧の影響で、機内に1時間以上“拘束”され、 到着したゴールドコースト空港の税関では、お役所の書類ミスで2時間待たされ、 ヘ...
  • 日豪対決 、、、ふたたび 。。。
    日豪対決 、、、ふたたび 。。。 
    土壇場、土俵際、、、いつもオーストラリア。。。1勝3敗どおしどちらも負けられない一戦オーストラリアにも気持ちはあるけど、ガンバレニッポン!! お帰りの前に、応援...
  • オーストラリア強し!!
    オーストラリア強し!! 
    ここのところのオーストラリアドル(豪ドル)の強さったら。。。 「オーストラリアが一番!」 そんな豪ドル高、世論は歓迎ムード一色。 、、、、、、、、、、、、 豪ド...
  • 地球は大きい!!!!
    地球は大きい!!!! 
    日本は冬。 当たり前ですが、夏を迎えるオーストラリアからやってくると、、、 「地球は大きい!」。。。 ...
  • 突然の訃報。
    突然の訃報。 
    一昨日のニュースはオーストラリアを悲しませるものでした。 “クロコダイルハンター”こと Steve Irwinの突然の訃報に、オーストラリアの多くの人が驚きを隠...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください