日本を感じる毎日 。。。

自転車

久しぶりに日本で“暮らし”て感じる、オーストラリアとの違い、忘れていた日本のリズム。。。


 

生活のスピード、密度、空気、色、、、

オーストラリアとの違いを実感する毎日です。

渋谷の人ごみにオノノキ、忘れていた通勤電車に驚愕する毎日。

そんな中でも、思い知らされた(?)のは、

 

自転車の多さ!!

 

オーストラリア、特にゴールドコーストのような街で見る自転車は、ビチッとしたユニフォームに身を包んだ競技用のロードバイクに乗る姿くらいです。

車が交通機関の主たるものですから、自転車、まして“ママチャリ”のような自転車に乗って街を行く人はほとんど見かけません。

それに比べると、日本の自転車の多いこと多いこと!!!

 

ものすごいスピードで歩行者や車の間をすり抜ける老若男女のお姿。

自分が歩行者の時は向かってくる自転車に足がすくみ、車を運転している時は飛び出してくる彼ら彼女たちにヒヤヒヤ。。。

オーストラリアのようにヘルメット着用の義務もなく、ゴールドコーストのように、自動車運転手に課されている自転車に対する義務(自転車を追い越す際やすれ違う際に、確保しなければならない自転車との間隔が、自動車のスピードにより決められています)もない日本。

きっと、日本にやってくる外国人観光客、特に欧米の人達には、かなりインパクトのある日本の風景のはず。

 

自転車

 

そしてもうひとつ、あらためてその違いを実感していることは、

 

 信号機

 

信号の点滅の順番。

写真のような右折矢印付き信号。

日本にいらっしゃる皆さんには当たり前でしょうが、

赤 → 青(右折矢印) → 黄 → 赤(右折矢印) → 赤

の順。

でもオーストラリアでは、

赤 → 赤(右折矢印) → 青(右折矢印) → 黄 → 赤

と、右折が先。

 

なんてことないことかもしれませんが、ここにも感じた南半球。

 

そして右折信号が青の時、オーストラリアでは歩行者信号は赤。

つまり、右折する方向の横断歩道に歩行者がいることはありません。

でも、日本では右折信号と歩行者信号、同時に青がふつうじゃないですか?

右折の時は、ものすごいスピードで横断歩道に突進してくる自転車に何度驚いたことか。。。

 

それぞれお国の違い、システムの違い、生活の違い、

肌で実感してます。

 

それにしても東京はどこへ行っても人多い!

まるで、クリスマスイブのDan Murphy’s (オーストラリアのお酒量販店、日本の値段と比べるとものすごく高いですが)みたい。

日本、満喫してます。 

 

石ふしぎ大発見展大阪ショーにお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

急な出展にもかかわらず、今回も充実した楽しい時間を過ごすことが出来ました。

是非、またお目にかかれますこと、楽しみにしております。

 

20150430d

和と洋の融合?

 

 


お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。


関連する記事

  • どっちが大事 ???
    どっちが大事 ??? 
    事件は朝の通勤ラッシュで込み合う交差点で起きました。 信号待ちの長い車の列。 私の後ろからサイレンを響かせて、一台の救急車が近づいてきました。 当然、私も、そ...
  • キツツキ??。。。
    キツツキ??。。。 
    交差点や横断歩道の道端に備え付けられたこれ。日本のよりは大きめですが、押しボタン式信号機のボタンです。 元々信号なんてたいして気にしていないオーストラリア人。 ...
  • 連想ゲーム。
    連想ゲーム。 
    ほんと~にオパールって面白いですネ。 これまでもいろいろな表情を持つオパールをご紹介してきました。 雰囲気が醸し出す情景。 色合いに連想される風景。 石の中に存...
  • 言葉に感じる日豪の違い 。。。
    言葉に感じる日豪の違い 。。。 
    アジサイも今が盛りと咲き誇る、ドンヨリとした梅雨空。 いかがお過ごしですか? 突然ですが、感じたことないですか? え、何がって。 何気ない言いまわしに日本を、...
  • Meanwhile in Australia、、その頃オーストラリアでは。。。
    Meanwhile in Australia、、その頃オーストラリアでは。。。 
    Meanwhile in Australiaどんだけビール好きなんだよ! アウトドア用の椅子はもちろん、プールに浮かべる浮輪やデッキチェア、自転車用に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください