べレムナイト 。。。

べレムナイト

べレムナイト(Belemnite)とは、白亜紀末にアンモナイトや恐竜たちと同様に絶滅してしまうまで、広いエリアに生息していた頭足類の仲間です。

今でいう“ コウイカ ”に近い生物、だそうです。

 


© Dmitry Bogdanov

 

その姿はまさに“ イカ ”。

そして現代のコウイカの殻と似たような内骨格を持っていました。

ただ、現代のコウイカと違うのは、

触手に吸盤ではなくとげを持っていたこと

殻(内骨格)が板状ではなく、流線型の筒であったこと

 

アンモナイト同様、日本はもちろん世界中の海に生息していた生物ですので、その化石も広い範囲で発見、採掘されます。

 

そして場所はオーストラリア

いくら日本語で検索しても、結果上位には表示されない

エロマンガ海

大鑽井盆地とオパール産地

 

そんな古の海、エロマンガ海にもべレムナイトは生息していました。

ただほかの場所と違ったのは、オパールの存在でした。

 

オパールになったべレムナイトです。

 

命の途絶えたべレムナイトは、ゆっくりと海底へ沈んでいきます。

その場所の海底は深い泥が積もる、粘土質なエリアでした。

べレムナイトは少しずつ泥に埋まり、長い時間をかけてより深い泥の中へ

そして殻だけになったべレムナイトは、粘土質の地層の中へ埋没していきます。

数百万年の時が流れ、深さ1000メートルの海も地底深くへ沈んでいき、残されたかつての海底は完全に陸上に変貌します。

さらに数百万年の月日が、ケイ素の塊に色を与えていきます。

 

 

また数千万年の時が流れ、宝石となったべレムナイトは、ほんの一部の幸運な人類の手元にやってきてくれました。

 

遊色と透明感のあるオパール化したべレムナイトは、ものすごく希少です。

 

 

ロケット型のべレムナイトの周囲には、貝殻も散在しています。

エロマンガ海が残してくれた宝物です。

 

たまたま私のもとに来てくれた古いコレクション。

その中の一部を、今日はご紹介しました。

 

これは積み重なった貝殻

 

9点のみですが、本日出品しました。

太古の海に、思いをはせてください。

 

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

関連する記事

  • エロマンガ海の想い出 。。。
    エロマンガ海の想い出 。。。 
    かつてオーストラリアに存在した内海 “ エロマンガ海 ” 。 そして、一億年後の現在、その岸辺に沿って点在するオパール鉱山。   カラカラに乾燥して...
  • オパールマラソン、スタート !!!
    オパールマラソン、スタート !!! 
    オパールマラソン、スタートしました! 今日から毎日、新しいオパールを出品していきます!! さて、何日続けられるか? まずスタートは、ボルダーオパールのルースを...
  • 、、、の・ようなもの 。。。
    、、、の・ようなもの 。。。 
      不思議な表情のボルダーオパール。   「 あれ? 」   ミネラル好きなあなたは気付いたかもしれません。   「 ...
  • マリンブルー 。。。
    マリンブルー 。。。 
    もうすぐお盆。 すでに夏休みに突入している方もいらっしゃることでしょう。 海や山、繰り出してるんでしょうか? うらやまし。。。 こう見えても(?)わたくし、い...
  • もう秋 。。。
    もう秋 。。。 
    夏らしい夏が来ないまま、ゴールドコーストは秋めいてきました。 朝方は肌寒いほど。 布団から出るのがつらくなってくる季節。 でも日本に比べたらね。。。。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください