年別アーカイブ: 2020年

ひきこもります 。。。

とうとうと言うか、やっとと形容すべきか、その日が来ました。

オーストラリアなどと違い、強制ではなくあくまでも要請ですが、今回の緊急事態宣言の発令は日本もいよいよ次の段階。

今月はイベントや小売店さんの展示会等、お仕事が全て中止。

ネットを通じて、こうして皆さんとコミュニケーションできる便利な世の中ですから、まったく仕事がなくなるわけではありません。

でも、皆がネット環境につながれる人ばかりではありません。

私たちの周りでは、職人さん。

特に、ベテランと呼ばれるご年配の職人さんは、スマホすら持ってない人も。

ご依頼いただいているジュエリーの製作も、この影響でお届けまで少し時間がかかるかもしれません。

ご理解を、どうぞ宜しくお願いします。

 

私もオフィスにこもって、手が回っていなかった商品撮影や在庫整理、そして将来の自分のためにお勉強したいと思います。

 

日本中、世界中の皆さんが影響を受けている現在、ご商売やお仕事で苦労されている皆さんもいらっしゃるでしょう。

でも、10日~2週間後の未来のために、一緒にひきこもりましょう。

 

またこんな日が来る時を楽しみに。

頑張りましょ!

 

せめて、春の青空見ながら。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

べレムナイト 。。。

べレムナイト

べレムナイト(Belemnite)とは、白亜紀末にアンモナイトや恐竜たちと同様に絶滅してしまうまで、広いエリアに生息していた頭足類の仲間です。

今でいう“ コウイカ ”に近い生物、だそうです。

 


© Dmitry Bogdanov

 

その姿はまさに“ イカ ”。

そして現代のコウイカの殻と似たような内骨格を持っていました。

ただ、現代のコウイカと違うのは、

触手に吸盤ではなくとげを持っていたこと

殻(内骨格)が板状ではなく、流線型の筒であったこと

 

アンモナイト同様、日本はもちろん世界中の海に生息していた生物ですので、その化石も広い範囲で発見、採掘されます。

 

そして場所はオーストラリア

いくら日本語で検索しても、結果上位には表示されない

エロマンガ海

大鑽井盆地とオパール産地

 

そんな古の海、エロマンガ海にもべレムナイトは生息していました。

ただほかの場所と違ったのは、オパールの存在でした。

 

オパールになったべレムナイトです。

 

命の途絶えたべレムナイトは、ゆっくりと海底へ沈んでいきます。

その場所の海底は深い泥が積もる、粘土質なエリアでした。

べレムナイトは少しずつ泥に埋まり、長い時間をかけてより深い泥の中へ

そして殻だけになったべレムナイトは、粘土質の地層の中へ埋没していきます。

数百万年の時が流れ、深さ1000メートルの海も地底深くへ沈んでいき、残されたかつての海底は完全に陸上に変貌します。

さらに数百万年の月日が、ケイ素の塊に色を与えていきます。

 

 

また数千万年の時が流れ、宝石となったべレムナイトは、ほんの一部の幸運な人類の手元にやってきてくれました。

 

遊色と透明感のあるオパール化したべレムナイトは、ものすごく希少です。

 

 

ロケット型のべレムナイトの周囲には、貝殻も散在しています。

エロマンガ海が残してくれた宝物です。

 

たまたま私のもとに来てくれた古いコレクション。

その中の一部を、今日はご紹介しました。

 

これは積み重なった貝殻

 

9点のみですが、本日出品しました。

太古の海に、思いをはせてください。

 

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

こんなブラックオパール、見たことない 。。。

私の元へ、やって来てくれて、

ありがとう。

 

オパールに関わって三十数年、出会ってきたオパールの中でも、個性と魅力ではトップ3に入る逸品!

 

 

出来るだけオパール層を残そうと磨き上げられたシェイプと、悠久の時の流れを感じさせる表情。

 

 

ボリューム満点、迫力満点のブラックオパール。

 

出会えたことに感謝です。

 

このリングを含めて20点出展しました。

こちらのリンクより、ご覧ください。

 

開催中です。

 

強風で桜が、、、

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。

ミネラルショー等イベントにつきまして 。。。

4月25日~27日の日程で出展を予定していました “ 石ふしぎ大発見展大阪ショー ” ですが、延期となりました。

新しい日程は、2020年7月25日~27日となります。

楽しみにしておりましたので大変残念ですが、現状では主催者の判断は正しいと思います。

ミネラルショーや小売店さまの展示会等、次々とイベントがキャンセルや無期限延期になり、皆さんと直接オパールのお話をする機会が減っているのは残念で寂しい限りです。

 

そろそろ採掘時期を迎えるオーストラリアのオパール鉱山。

さっそく飛んでいきたいのですが、やはりウイルスの影響でオーストラリアはほぼ鎖国状態です。

カンタス航空やジェットスターは、全ての国際便の運航を中止し、海外にいるオーストラリア国民や居住者の帰国のためにチャーター便を飛ばしているのみです。

居住者である私はオーストラリアへ戻ることは可能ですが、海外渡航が原則禁止されていますので、その後日本へ戻ってこれなくなってしまいます。

国際間だけでなく、州間でも規制が始まり、例えば私の住まいがあるクイーンズランド州からブラックオパール鉱山のあるニューサウスウエールズ州に行ったとすると、14日間の自主隔離が求められています。

パブやジム、映画館やカジノなど、屋内の施設すべての営業は禁止され、レストランもテイクアウトのみに制限され、オーストラリアは日本よりも厳しく規制が行われています。

 

 

キツツキでおなじみの信号機の押しボタンにもこんなサインが!

 

「ボタン押すな! 自動で青になるから!!」

そんな感じ。

 

シドニーに住む友人が撮影した写真。

街中にこんなサインが出されているよう。

これもウイルスの影響?

 

オリンピックの延期が決まった日本も、今後どんな規制がされるかわかりませんが、イベント等にもまだ影響はあるでしょう。

また日常が戻るまで、しばらくは皆さんと一緒にがんばれ!!

 

モヤモヤ気分ふっとばセール! 開催中です!!

 

 

いつもと変わらない春の日。

お帰りの前に、応援クリック一押しお願いします。