ブラックオパール珠。。。

丸珠

今日はブラックオパールを丸く研磨した、丸珠をご紹介します。


希少なブラックオパールですから、日本でこうした丸珠を見かける機会は少ないのでは?
逆に、ますます希少だからこそ少しも無駄にできない、そういう意識が、こうした工夫を促しているのかも。
遊色部分が薄い、あるいは細かい原石。
そんな原石は、残念ながら宝石にはなりません。
だからと言って捨ててしまうのはもったいない。
原石全体、ポッチの部分も一緒に丸く研磨してやることで、遊色ラインが美しく見られる写真のような丸珠が生まれます。
真珠と同じように、中央に穴を開け、ネックレスにしてやるも良し、携帯ストラップや、根付、大きなものは羽織紐の飾り、等など、装い方のバリエーションは様々。
人と同じものがイヤだ!
そんな個性的な方々に評価は上々です。
でも、ある程度の遊色を持った丸珠を揃えるのは、やっぱりたいへん。
苦労させられます、ハイ。

雨が降ったりやんだりのゴールドコーストです。


お帰りの前に、
クリック一押しお願いします。



関連する記事

  • ブラックオパール磨いてみませんか?
    ブラックオパール磨いてみませんか? 
    本日、ブラックオパールのラフ(原石)を10点出品しました。   オンライン店ではあまりご紹介しないのですが、ミネラルショーでは大人気の研磨用ラフです...
  • サンゴ礁色ブラックオパール 。。。
    サンゴ礁色ブラックオパール 。。。 
    澄み切ったスカイブルーの海。 揺れる緑のサンゴや海藻。 まわりを泳ぐ魚たち。 そして深みを感じる濃いブルーの色合い。 6月初めの今日は、この美しいブラックオパ...
  • ブラックオパールとボルダーオパールの違い 。。。
    ブラックオパールとボルダーオパールの違い 。。。 
      私たちのウエッブサイトやこのブログに初めて来てくださる方々の中で、一番多いのが「ブラックオパールとボルダーオパールの違い」について検索をして訪問さ...
  • ころころボルダーオパール 。。。
    ころころボルダーオパール 。。。 
    今日、ご紹介するのはこのボルダーオパールです。 小ぶりですが、なんとなく“コロッ”とした雰囲気が、私のオパール心に訴えかけてくる、そんな一品です。 ご存知のとお...
  • カービング。。。
    カービング。。。 
    特に何かの形をしているわけではなくとも、この写真のようなオパールは“Opal Carving (Carving = 彫刻)”と呼んでいます。 熟練した職人の手で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください