鉱夫の苦汁。。。

年輪

きのうオフィスにやって来た年老いた足の不自由な鉱夫。
そんな彼のお話です。
※画像は文章の内容とはまったく関係ありません。


以前のエントリーでもご紹介しましたが、いろいろな人がオパールを売りにやって来ます。
きのうもひとり、イタリア系と思われる男性が突然やってきたのはお昼時のこと。


・・・・・・・・ 実際は英語での会話です ・・・・・・・・
イタリア系男性(Aとします):オパール売りたいんだけど、興味ある?
私(Gとします):どんな種類のオパール?
A:どんなオパールでも、買うのに興味があるの無いの?(ちょっと強気)
とりあえず見てくれればいいよ。
G:今持ってるの?(荷物も何も持っていない、手ぶらだったので)
A:持ってるよ。
G:じゃあ見てみるからオフィスに入って。
A:いやいや、持ってくるから5分待って。
G:(なんだやっぱり持ってないんじゃん)わかった。


手ぶらで売りに来るような人は、ほとんどの場合どこかで盗んできたのか、拾ってきたのか、そんなオパールを1,2個ポケットに入れてくるような、そんな人達なので、経験的に避けることにしています。
5分も経たずに帰ってきたA。
今度は足が不自由らしく、杖をついたかなり高齢な男性と一緒でした。
A:彼は従兄弟(Bとします)で、ライトニングリッジでオパールを掘ってるんだ。
どうやらAはゴールドコーストに住んでいて、その老人Bが実際にライトニングリッジで採掘をやっている(いた?)ようでした。
お互い自己紹介をし握手を交わしてさっそく見せてもらうことに。
G:(Bに向かって)ご自分で掘ってるんですか?研磨もご自分で?
初めての相手にはとにかくいろいろなことを聞くことにしています。
B:なんでも自分でやってるよ。
G:最近は採掘もたいへんでしょう。じゃあとりあえず見せて。
Bがバッグから取り出した20ピースほどのオパール。パッと見ただけで、とても白っぽくて薄く、将来的に割れるようなものばかり。そして、ついている値段がビックリするような高値。買う気になるような品質と価格のバランスの範囲外。
G:残念だけど、ちょっとうちの品筋じゃないな。せっかくだから買いたいけど、ちょっと無理。どれも白すぎて、ブラックオパールにはならないよね。
B:でもライトニングリッジで採掘したブラックオパールだよ。(ちょっと興奮気味)
G:もう少し質の良いものはないですか?
B:もっと地色が濃い、ノビーってこと?
G:そう。
B:フン(鼻で笑ってます)。


結局売れないと思ったのでしょう、AとBの2人はショールームに展示してあるオパールを眺めて一言。
B:安すぎんじゃないの。
オイオイ、売りに来た人が言うセリフじゃないよ、と思いつつ、2人を出口まで見送り、
G:また機会があったら持ってきてください。
B:もう来ないよ。時間の無駄。(かなり憤慨の様子)
G:・・・・・・・・・・・・・。


最後の捨てゼリフに普通ならカチンと来る私なのですが、その老人を見ていてなにか悲しくなってしまい、なにも言わずにオフィスに引き返しました。
おそらくその老人は本当にオパールを掘っていた鉱夫でしょう。
英語の訛りからすると、どこかからの移民で、長い間いろいろな経験をしてこれまでやってきたのでしょう。
きっと良い時代も過ごしてきたでしょう。
足が不自由なのも、採掘中の事故かもしれません。
事故が原因で自分で採掘することもままならず、仕方なく低品質のものをどこかから手に入れ、ほそぼそと磨いては売りに歩いてるのかもしれません。

そんな彼の人生を想像してしまった、そんなひと時でした。

でも本当はものすごいお金持ちの可能性も・・・・。
身なりや雰囲気からは想像できない、そんな大金持ちが鉱夫の中にはいますからね。

今日も暑いゴールドコーストです。

応援のクリックを是非お願いします


関連する記事

  • 鉱夫の休暇  。。。
    鉱夫の休暇 。。。 
    久しぶりに晴れ上がった青い空 イースターの連休の真ん中 先日知り合ったマイナー、鉱夫に会ってきました。 エロマンガ近郊で、採掘をしているご夫婦。 他の鉱夫と同...
  • ジェットスターセールやってるよ!
    ジェットスターセールやってるよ! 
    セールやってるよ! 込みこみでも往復約3万円!! オーストラリアへいらっしゃい!!! ...
  • やっぱり寒いのが好き ♪
    やっぱり寒いのが好き ♪ 
    この“ピリ”っと身の引き締まる寒さ 肌に刺さるような風 やっぱり新年はこうでなくっちゃ! 日本に到着。。。 安全なエアラインで、、、   お帰りの前...
  • 展望 。。。
    展望 。。。 
    大丈夫。 きっとこうなるよ。 ...
  • 強敵 。。。
    強敵 。。。 
    8月の御徒町、、、やっぱり強敵。。。汗汗汗、、、日本の夏!...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください