言葉の壁。。。

Citizenship

移民国家であるオーストラリア。いろいろな言葉が飛び交っています。


先日、新しい移民政策が政府から発表されました。
将来的に、オーストラリア国籍を授与する条件に英語力を加えるそうです。
つまり英語のテストを受けて、ある程度の成績を修めなければオーストラリア国民にはしてやらない、ということ。
オーストラリアはもちろん英語を公用語としている国です。
生活上、ある程度の英語力はやはり必要でしょう。
ですが、いきなりテストを義務付けるというのは???疑問です。
これまではオーストラリアの市民権(つまり国籍)を取得したり、永住権を取得した人たちに対し、国が無料で英語学校に通わせてくれる、そんな学ぶ機会がありました。
そうです、受け入れる段階で“英語”というふるいで選別するか、受け入れた後に学ばせるかの違いです。
(ほぼ)単一民族で、ほとんどの国民が同じ言葉を話す(もちろん方言はありますが)日本のような国とはまったく違い、オーストラリアは肌の色も、言葉も、そして習慣も違う人たちの集まった国家です。
普通に生活をしていてもやはり言葉の壁、習慣の違いという場面に出くわすことはあります。
そうした違いを国民が理解し、それを原動力にしなければオーストラリアのような移民国家に未来はないような気がします。
すでにオーストラリア国民となっている人が、年老いた親を呼び寄せる。
そんな移民のパターンがかなりあると思います。
そうした高齢の移民たちに英語のテストは少々ハードルが高いかもしれません。
ひょっとしたら、そうした生産性のあまり見込めない移民を制限するためなのか?
あるいは白豪主義への回帰なのか??
アジア系、そして日本人としてちょっと考えさせられるところです。
ちなみに私はオーストラリア国籍は持っていません。
日本の国籍を捨てるつもりはありませんので。

久しぶりの晴天のゴールドコーストです。

いつも応援ありがとうございます。
今日も一押しを是非お願いします



関連する記事

  • 愛国心 。。。
    愛国心 。。。 
    日本のサイトでも紹介されていましたので、耳にされた方も多いのではないでしょうか? 英国の“The Economist”に掲載されていたこんな記事。 まったく、1...
  • 今日は投票日。。。
    今日は投票日。。。 
    今日はクイーンズランド州議会選挙の投票日です。 日本でも自民党の総裁選が始りましたね。 今回の総裁選は自民党員以外は投票することもなく、ほとんどの方には他人事な...
  • マルチカルチャー。
    マルチカルチャー。 
    今日はオーストラリアに住んでいる人たちについてお話してみたいと思います。 『オーストラリアは多民族国家(マルチカルチャー)である』ということは皆さんもご存知だと...
  • 建国記念日に思うこと。。。
    建国記念日に思うこと。。。 
    今日は“Australia Day Holiday”。いわゆる建国記念日。 真っ青に晴れ渡った空の下、いろいろなイベントが開催され、国中が浮かれモードです。 今...
  • 明日から出張です。。。
    明日から出張です。。。 
    明日から出張です。オーストラリア国内ですが、約2000キロのドライブ。延々、2日ががりの行程。仕事を済ませ、そしてまた2日がかりで戻る予定。素晴らしい青空の中、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください