突然の訃報。

クロコダイルハンター

一昨日のニュースはオーストラリアを悲しませるものでした。


“クロコダイルハンター”こと Steve Irwinの突然の訃報に、オーストラリアの多くの人が驚きを隠せませんでした。
日本ではあまり知られていない人かもしれませんが、地元オーストラリアやアメリカではそのキャラクターがとても人気を呼んでいました。
もともと父親の経営していた動物園“Australia Zoo”を継いだ彼は、90年代のテレビ番組“Crocodile Hunter”で一躍人気者になりました。
当時、テレビでこの番組をはじめて見た時のことを今でも憶えています。
彼独特の真剣な口調と、ワニに向かって全身で体当たりしていく姿のミスマッチがとても可笑しく、いったいこの人は何だろう??と思ったこと。
この番組の成功で、動物園経営も順調となり、その後、映画版“Crocodile Hunter”も製作され、アメリカ等でも有名人となりました。
実際、映画の公開後、アメリカからの観光客が増えるほど、オーストラリア観光業に貢献したようです。
動物園の経営者としてだけでなく、自然保護の活動家でもあり、ドキュメンタリー番組の製作者、エンターテイナーとして、まさに活躍の絶頂期を迎えているようだった彼。
グレートバリアリーフでの撮影中、アカエイの針が心臓に刺さり即死の状態だったそうです。
自然や動物たちを愛してやまなかった彼が、野生の力で亡くなってしまったことに不思議な運命を感じずにはいられません。
彼の動物園のあるクイーンズランド州では、州葬として彼を送ること、そして彼の名前を国定公園につけることを提案しています。
44歳。
あまりにも突然なニュース。
ご冥福をお祈りします。

今朝方も雨が降り、ここのところとても不安定な天気のゴールドコーストです。

応援の一押しを是非お願いします


関連する記事

  • コアラ、コアラ。。。。
    コアラ、コアラ。。。。 
    せっかくなら、是非抱いてみてください。 コアラを。。。。 コアラを抱いて写真を撮る。 オーストラリア旅行の一大イベントであり、それを目的に旅行を計画する方もいる...
  • いわゆる動物愛護について。。。
    いわゆる動物愛護について。。。 
    どうやら日本の捕鯨船も寄港して、クジラ問題は一息ついた感じですね。 それにしても、今後また同様なことは起きる可能性はあるわけで、日豪両国民の相互理解の必要性は変...
  • それは、23時に突然に !!!
    それは、23時に突然に !!! 
    昨晩、午後11時を過ぎたあたりから、サイトへのアクセス数が通常の6倍に急増! さては、またテレビで何かやったな 、、、 いろいろと調べてみると、 ありました。...
  • オーストラリアのテレビ事情。。。
    オーストラリアのテレビ事情。。。 
    オーストラリアのテレビ番組について考えてみました。 クリスマスにはキリストのお話、大晦日の夜は花火大会の中継と、さしたる年末年始の特番もなく、普段どおりマイペー...
  • 突然の交代劇 。。。
    突然の交代劇 。。。 
    ほんの2年と半年前には、こんなに笑っていた人が、今日は涙 。。。 悔し涙。。。 そして、初の女性首相の誕生。。。。 ここのところ急激に支持率を低下させていたラッ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください